【自閉症スペクトラム 】成人になって自閉症が判明する場合も!

【自閉症スペクトラム 】成人になって自閉症が判明する場合も!

自閉症。この言葉を聞いてすぐに理解された方は、恐らく御自身の周囲にこの症状が出ている方との社会的接点がある方ではないでしょうか。御家族、親戚、友達、会社の同僚と言った身近にいっらしゃれば「それなり」に対応できるのですが、実際にその症状を理解されていない方も多いのも事実です。

まず、この症状はある意味「理解されにく」と言われています。

というのも、自閉症の方の特徴は「社会的な人間関係を築くのが苦手」であると言う事が理由です。

もう少しストレートに言いかえると、むしろ本人はそれが「正しい」と思っているが故に周囲の方々の誤解を招き易いのです。

まずこの症状の代表的な症状としては、他人の空気が読めない事。

具体的な例では、一方的に早口でしゃべる。相手が何か言いだすタイミングを感じる事が出来ないようです。

また、お子さんで自閉症である場合、意味も無しにおもちゃを一列に並べたりする。大人の方は、小さな乱れも気になると言った症状が行動として現れます。

また、トラウマを抱える事も多く何かのきっかけでフラッシュバックが起こり、パニック症状が出やすいと言えるので、その事も含め理解する必要があります。

ですが、実は自閉症の方はコツコツした作業が得意と言った長所もあります。

ですから細かい作業を要する流れ作業的な仕事には「実力」を発揮します。ですから、この症状で悲観視することは無く、むしろ周囲の方がこのような事を理解されれば上手に付き合っていくことも充分に可能です。

そうは言ってもやはり人間関係、特に私達日本人は相手の空気を読むことは「美徳」とされる事も多いのも事実。ですからちょっとでも違和感を感じたら、できれば御一緒に医師の診断を受ける事がまずは理解する第一歩でしょう。

ポイントは、本人は全く悪気が無いと言う事です。それが正しいと言う意識で振舞っていますので、決して短期にならずに話をよく聞いてあげたり、精神作用を落ち着かせてあげながらケアしていかれると良いようです。今回紹介した内容が、少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク