赤ちゃんは乾燥にめちゃ弱い…湿疹などお肌のケアや予防策とは?

赤ちゃんは乾燥にめちゃ弱い…湿疹などお肌のケアや予防策とは?

赤ちゃんにとってお肌の乾燥は実は大敵なようです。

赤ちゃんの肌は、大人の肌に比べて約半分程の薄さなのです。

一見、赤ちゃんの肌は潤いがあってすべすべであるかのうようなイメージを抱く方も多いかと思います。これはあくまでもイメージである事を紹介しながら、保湿を保つ事が如何に大切かを見ていきましょう。

赤ちゃんの肌が乾燥しやすのはなぜか?

これには、肌を形成する角層が未発達であることで充分な水分が保持されません。
これが原因で、乾燥しやすくカサカサになりやすいのです。成長するにつれて角層が発達してくると共に水分保持機能が上がってきます。

生後3カ月までは特に注意する時期です。

このころはまだまだ赤ちゃんの肌機能が未熟ですので、皮膚を守る役割をする皮脂の分泌が少ない為に皮脂膜が充分に維持されません。

ですから、このころまでは乾燥、カサカサになりやすいので要注意となります。

このように肌の乾燥が進む事で赤ちゃんの肌はもろくなり肌荒れに繋がりかねません。

ひどい場合はおむつをするだけで肌荒れを起こし湿疹につながってしまいます。そこから、雑菌が侵入し様々な病気を引き起こす原因になりかねません。

ですから如何にして肌荒れを起こさせない環境にしてあげるかが予防になります。

環境を作ってあげると言う意味では、加湿器を置いてあげる事で室内を程良く加湿状態にしてあげられます。

肌の乾燥をしにくい環境にするには必需品と言えるでしょう。

また、直接赤ちゃんの肌に塗ってあげる事が出来るベビーオイルやベビーローション。

これも肌荒れを防ぐには必要なアイテムです。

ベビーローションはお風呂上がりや朝起きた時など、生活する場目に於いてその都度使えるアイテムです。特にべたつく事は無く塗った後でも服を着せても大丈夫です。

また、ベビーオイルはローションの強いバージョンと言う感じです。一日一回、じっくり赤ちゃんの肌に塗ってあげること保湿を保つ事ができます。

塗るタイミングは寝る前がベスト。マッサージするように塗ってあげると一層気持ちよく眠ってくれるのでおススメです。

あまり神経質にならずに、赤ちゃんの肌はこういうものなんだ、と言う事を認識して頂けるだけでも、接し方が違った来るかと思います。是非、ケアをして挙げて下さいね。

スポンサードリンク