高橋メアリージュンの潰瘍性大腸炎が話題に!症状 治療 予防法は?

人気も出るの高橋メアリージェーンさん。ご活躍中の中、今回重大な病気にかかっており、治療中と言うことです。

その病名は。「潰瘍性大腸炎」。いったいどんな病気で、どのような症状などがあるのかを含めて紹介していきます。

高橋メアリージェーンさんといえば、いまや、モデル雑誌などに引っ張りだこと言わんばかりのトップモデルの一人であるのは言うまでもありません。

特に若い方に人気のモデルさんであるがゆえに、今回のような病気にかかったと言っても過言ではありません。

潰瘍性大腸炎。聞きなれない病気のようですが、実は年々その患者数が増えているようです。

最新の厚生労働省の統計から、2013年現在は。160000人の患者数が見込まれており。その後も右肩上がりで増え続けています。

また、発症年齢も男性で、20から24歳前後、女性で、25から29歳前後と30代に満たない若い方の発症があります。

この病気の大きな特徴は、大腸に腫瘍が出来るということです。

原因は、実は、いまだにはっきりしておらず、大腸に腫瘍が出来た時点での判断となる場合が多く、それ以降下血を伴う症状が出てくる場合もあり、その度合いによっては、治療方法変わってくるようです。

今回、高橋さんが行った治療方法は、いわゆる「食事療法」といわれる内容です。

この療法は他の病気にも同様に用いられる場合がありますが、具体的には。高カロリーで、高蛋白、低脂肪、食物繊維が少なめといった内容で、あたかも健康にはそぐわないような内容の食事療法となります。

やはり、腸をあまり働かせないという意味で、このような療法を取らされると言われていますが、この病気自体は、れっきとした「難病」に指定されています。ですから、いかにして、腸を休めるかがポイントとなるようです。

難病と言うこともあり、重症になると、発熱、体重が減る、腹痛、その他合併症が引き起こされる状態になります。

予防方法は、具体的には無いといわれていますが、やはり、ストレス、喫煙、その他不規則な生活が原因である場合が多く、安部総理もこの病にかかりました。

人事ではないようです。少しでも、みなさんの予防、対策に役立てていただけたら幸いです。

スポンサードリンク