リア充オタクはありえるの?日テレZIP!の特集で議論が噴出!!

リア充と聞いて、すぐに分かる方は、日常生活が充実しているか、もしくは、反対に、充実していないかのどちらかでは?

そうなんです。今、この「リア充」と言う単語が密かに話題を呼んでいるようです。

そもそも、リア充とはどういう意味かについてですが、リアル生活が充実している。を略して、「リア充」な人といった感じで現代の若者が使用するのだとか。

今や、ソーシャルネットの普及で、様々な「現代用語」が作られていますが、このリア充もその一つと言えるのではないでしょうか。

また、特に、本人が充実とさえ感じていれば、それはそれで、リア充と名乗っても良いとのことです。

また、どちらかというとインドア派の現代若者にとって、彼女がいる、仕事も順調などプライベートで充実している輩に対する「嫉妬心」も含まれているようです。

なんで今、ここに来て「リア充」がわざわざテレビで報道されたのか?

それは、一昔前の「オタク文化」が関係しているようです。

「オタク」と聞くと、超個性的で、自分の世界観の塊みたいな方を意味しますが、「リア充おたく」と言われる新人類の方たちが増えているのも現状のようです。

独身で、それなりにお金もあり、仕事もありながら、彼女もいたりする一方で、実は、オタク心も持ち合わせた、ある意味、「人間ハイブリッド」的な存在なのだとか。

実際に、結婚願望が薄れていると言われている、現代の20代特に、前半の方たちにとって、自分の生活スタイルを貫く姿勢が優先されているようです。

また、現代は、ネットで自分の意見や、知識を共有しやすい時代となりました。オタク文化繁栄の時代は、情報を得るにも、一苦労した時代。

ですから、インドアでありながら、アウトドア的な活動も出来るので、「ヒッキー」(ちょっと古いかもしれませんが・・・)さん達とも、また違っている印象を受けます。

ただし、リア充オタクさん達もそれなりに、努力をしているのを汲み取れます。

清潔感を漂わす為に、服装には気を使ったり、情報源を得る為に仲間うちで、実際にコミュニケーションをとったりしているので、もしかしたら、この文化自体は、言葉がすたれても続く可能性があります。

ひょっとしたら、あなた自身が、リア充オタクに知らないうちになっているかもしれませんね。

スポンサードリンク