新型水虫で高校生の息子が「ハゲ」に・・・

学生時代にハゲる原因として、円形脱毛症がありました。

しかし今回のハゲの原因は、円形脱毛症ではなかったんです。

水虫の原因として知られる『白癬菌(はくせんきん)』ですが、白癬菌にも種類がたくさんあることをご存知でしたか?

 

2012年7月現在、日本の学生を襲撃しているのは、中南米産の白癬菌『トリコフィトン・トンズランス菌』という新型の水虫なんです。

「トンズランス」の意味として、キリスト教の修道士の頭のてっぺんを丸く剃る習慣「トンスラ」が語源となっており、この新型水虫に感染すると頭髪の脱毛の症状が目立ち、既に日本でも数万人という感染者がでています。

これまでの水虫が、足の裏や足の指の間に発症するのにたいして、新型水虫は頭部や首筋などの上半身にも多く発症する傾向にある。

頭皮のフケが多くなったり、頭皮が異常に赤く腫れ上がるのが特徴です。

ですが、『水虫=かゆい』という方程式が成り立たないことも多く、新型水虫に感染していることに気が付かないことも多いという。

新型水虫の感染症状がひどくなると、頭部が化膿し、ハゲることもある。病院(皮膚科)で診察を受けた場合においても、湿疹として扱われ、誤診にてステロイド剤を処方されて使用し、症状が悪化してしまったケースもあるようです。

この新型水虫が日本に上陸したのは2000年頃で、上陸から十数年が経過しています。

これまでの水虫よりも格段に感染力が強く、治りにくいのも特徴で、感染者の数は年々増え続けているのが現状です。

また、感染したことに気が付きにくいことも含め、感染者が新型水虫の治療を行わないことや、新型水虫の脅威を甘く見た結果、肌と肌が触れ合うスポーツ選手に多く感染している傾向にあります。

頭に白癬菌が感染し、頭に水虫ができることを頭部白癬もしくはシラクモとよび、専門サイトでは既に要注意であることが掲載されていました。

参考サイト:水虫症状マニュアル

今の中学生は、武道が必修科目になり、部活動も盛んなため学生間での感染も目立っており、感染が見つかると、試合への出場停止も余儀なくされるケースがあり、感染を自覚した場合においても、試合への出場停止処分を避けるために、公表しないことも多いようです。

水虫治療における最善の手段は、『早期発見早期治療』です。

他人に迷惑をかけてしまう前に、しっかりと自覚して治療に専念しなければなりませんね。

スポンサードリンク