仁科亜季子のガンが再発!悪性腫瘍の恐ろしさと予防法とは?

日本人の重大病であるがん。

最近では、芸能人の方が相次いでがんを告発して、「戦う」姿勢を示していると言った報道がされました。家族の協力も治療には必要のようです。

そもそも、がんと言うのは早期発見出来ていればそれほど怖い病気では無いと言われていますが、ここまで重病になってしまうのは、なぜなのでしょうか。

その予防法も含めてお伝えします。

まず、芸能人の方でがんを再発された方として、仁科亜希子さんの事を思い出される方も多いのではないでしょうか。

御本人は、三度もがんの手術をしており、 その手術ごとに周辺の臓器を一部摘出されています。

幸い、御存命であり現在はがんによる症状は出ていないと言うことですが、これは他人事ではないと言える でしょう。

がんは、冒頭でも述べたように初期段階ではリスクが少なく、治療も行いやすいと言われていますが、がんの細胞の中で「悪性腫瘍」と呼ばれるものは、一般に発育が早く危険度も上がります。

また、この腫瘍は、血液やリンパ液によって体内に伝染する性格があることから、様々な臓器や、皮膚、骨にも転移するがん細胞ですので、非常に危険度があると言われています。

がんには、「ステージ」と呼ばれる段階がありますが、悪性腫瘍が発生して、ステージ4のレベルになると、約半数の方ががんを再発することが分かっており、その予防方法にも最近は注目されています。

いわゆる、「予防医学」と言われる分野。

がんも含め、様々病気に対応すべく、予防方法も紹介されています。

まず、簡単に出来る事は、タバコ、飲酒を控える事です。

gan2

やはり、タバコはがん細胞を誘発する要素が含まれていると言うのは、今に始まった話ではありません。

そして、お酒に含まれるアルコール濃度もがん細胞を刺激すると言われています。

そして、食生活。加工食品の多量摂取により、添加物も多量に取る事になります。

添加物の中には、がんを引き起こす可能性のある物質が含まれている可能性の物があると言われています。

ですから、もし、このような食生活を送らざるを得ない場合には、良質のサプリメントなどをとって、栄養不足を補うと良いでしょう。

実は、がん細胞は日々発生していると言われていますが、免疫細胞のおかげでがんを引き起こさずに済んでいます。

今からでも予防を心がけていきたいものです。

スポンサードリンク