隕石の値段!?2月16日にロシアに落下した隕石の破片が150万円!

隕石落下のニュースが飛び込んだのは、2013年2月16日

世界中が話題として取り上げていました。
そんな中で、ロシアのウラル地方に落下した隕石の破片を、ネット上で販売する強者が現れています。

高値が付いているものでは、1個の価格が日本円で150万円というから驚きです。

隕石の値段はどうやって決定されるのでしょうか?

 

 

日本国内の隕石取引業者の方のお話。

隕石というものは、その全てが2つとない「一点もの」であることから、○○であればこの値段。という決め方はないそうです。

image

隕石の値段を決めていく上で重要となることは、種類や大きさ、そして希少性という部分が大きな要素となるのだということです。

そしてここが重要ポイントなのですが、「来歴」がハッキリしていること。

つまり、『いつ落下した隕石なのか』という部分になります。

image

世界中には、『隕石ハンター』などと呼ばれる人達が存在します。

また、学術機関も多数存在しています。

 

すべてが一点もののため、こういった専門化の意見が、隕石の値段を決定する上で重要な要素にもなっているようです。

いわゆる「お墨付き」というやつですね。

いつ?どこで?発見されたのかが、これらの専門化によって明らかにされ、間違いのない商品であると認定された場合は、高値がつくということです。

しかし、「いくらくらいになるのか?」ということについては、一概には言えない。との内容でした。

image


 

世の中は需要と供給で物の価値が成り立っています。

欲しい人が沢山いて、商品の数量が少なければ高値がつきます。

逆にどこにでもあるような量産品に対して、欲しい人が沢山いたからといって、高値がつくことはありません。

ネット販売されている隕石をみてみても、1万円以下の値段しかしないものも多数あります。その上で、1グラム100万円を超すものもいくつかみられます。

隕石一つ一つにも、価値が存在していることがよくわかりますね。

今回ロシアに落下した隕石の価格なのですが、1グラムあたり日本円で20万円ほどの価値がある可能性があるとされています。

 

image

金の取引で有名な「田中貴金属」さんの2月19日の金の税込小売価格が、1グラム5136円であることを考えると、1グラム20万円の隕石は、金の40倍の価値があることになりますね。

隕石の値段のつけ方を知ると、世の中の値の付けようがないような物へ値段が付いている仕組みがわかったように思います。

世の中様々なコレクターの方がいるものです。

ご興味あるようでしたら、あなたも1つ隕石を購入してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク