大人 手足口病!大人でも手や足に発疹ができ、手足口病に感染します。

子供さんが手足口病に感染するということは、結構よくあることなのですが、
子供さんから大人にも感染するのか?という疑問がわきましたので、調べてみました。

というか、私の子供が手足口病に感染して、自分にも感染するのか心配になっただけなのですが・・・。お子さんのいらっしゃる家庭も多いと思いますので、掲載しておきます。

結論から言うと、大人も手足口病に感染します。

image

 

以下は子供さんの感染写真となります。

image

image

image

image

image

image

 

全ての手足口病患者の方が、まったく同じ症状となるわけではないです。

特に大人の方は、発疹や湿疹ができることなく、喉の違和感と微熱程度の熱で治ってしまう場合も多いとのことでした。

参考:大人の手足口病

手足口病Wiki

手足口病(てあしくちびょう、英: Hand, foot and mouth disease; HFMD)は、コクサッキーウイルスの一種が原因となって起こるウイルス性疾患である。病名は手の平、足の裏、口内に水疱が発生することに由来する(後述参考)。乳児や幼児によく見られる疾患であるが、成人にも見られる。乳児ではまれに死亡することがある。夏季を中心に流行し、汗疹と間違えられやすい。

原因となるウイルスには、ピコルナウイルス科内のエンテロウイルス属に属するコクサッキーウイルスA16が主で、他にA4, 5, 9, 10、B2, 5、またエンテロウイルス71型も原因となる。

上記のように、成人にも感染するとのことで、感染経路は、感染者の鼻や咽頭からの分泌物、便などによる接触感染が大まかな感染経路となります。

また、飛沫感染もありますとのことで、患者のくしゃみや咳、呼吸時の口から出る微量の水分が他人に付着することでも感染するということです。

手足口病の潜伏期間は、感染から発症まで3日から5日程度とされています。

 

手足口病の症状

手足口病の症状として、初期症状にて発熱と喉の痛みがある。

1日から2日後には、手のひらや足の裏、膝の裏、足の付根などに痛みを伴う発疹ができ、口の中にも水泡が出現します。

この症状が7日から10日間続くことがあるとのことです。

また、これら全ての症状が必ずしも出現するわけではなく、一部の症状のみが出現し、完治するということももちろんあります。

手足口病の多くは、発症から1週間から10日ほどで自然に治ります。

まれに、急性髄膜炎が合併し、急性脳炎となることもあります。

 

手足口病の治療

手足口病のための、特別な治療方法はありません。

通常、感染症が治るまで自宅で安静にすることが病気に苦しむ子供にとって最も大切なことであるとされ、熱冷ましは高熱を下げるのに役立ち、水やぬるま湯による入浴もまた、乳幼児の熱を下げるのに役立つとされています。

ですが、明らかに様子がおかしい場合や、非常に苦しい場合は、必ず医師の診察を受けるようにされてください。合併症などにより、症状が悪化する場合もありますので。

 

大人の手足口病に関する口コミ

子供さんからの大人の方の手足口病感染の口コミがありましたので、参考にして頂ければと思います。

以下、口コミ質問です。

1歳3ヶ月の娘が先月14日から発熱し、受診したところ「手足口病」との事でした。

その際先生に 大人にもうつるのか確認した所、もちろんうつる、と。

しかし、うつっても子供と同じ様な症状が出るわけではなくていわゆる「夏風邪」みたいな症状で 喉の痛み・下痢などの症状が出る事が多い、と教えてもらいました。

その後娘は熱も下がり出ていた湿疹も引いて下痢もようやく1~2日程前から正常に戻り、今では 元通りの元気な状態に回復しましたが、娘の看病中から私自身は喉の痛みを感じていて、「あぁ やっぱりうつってしまったかな」位に考えていました。

しかし2~3日前からお風呂の中でフっと体を見た際に、太ももの付け根辺り・おへその横辺りに 赤い湿疹が出ているのを見つけました。

触っても特にブツブツしているわけではなく、痛みも痒みもありません。

最初はほんの4~5個程度だったのでそんなに深く考えてなかったのですが、今日位から数が少しですが増えてきていて(1箇所に4~5個だったのが10個程度)両足の太ももの付け根に明らかに赤い斑点の様なモノがあります。

後はわきの下とか、太ももの裏にも数箇所。
場所によっては少し痒みがある所もあります。

しかし、私は元々ニキビ体質な上に今年も夏に体のニキビが悪化してしまい現在皮膚科に通院中でして、体や顔に結構沢山ニキビが出てきますので、上に書いた様な症状が果たして「手足口病」が うつった事によるモノなのか、単なる湿疹なのか自分では判断がつきません。

手足口病だった場合でも子供同様、特に治療法ってないので出ている症状が自然と引くのを待つ しかない、後は痒ければ痒み止めを塗るくらい、と聞いているので病院に行く事は考えていない のですが、これは手足口病による症状と思っていてもいいのでしょうか?

そして、まだまだこの先症状が悪化(湿疹が増えてくる、など)する事も考えられますか? その際はやっぱり受診した方がいいのでしょうか?

今年大流行している手足口病の型はわりと高熱が出たり、湿疹も手足・口だけではなく全身に出る タイプらしく大人にうつった方も手のひらにかなり沢山湿疹が出来て、それが痒くてずっと保冷剤を 握り締めていた、とか足裏にできて痛くて歩けなかったとか聞いたので私もそうなのかな・・・とは 思うのですが、よく分からなくて・・・。

同じ様な経験がおありの方、アドバイスお願いします。

 

との内容の質問に対して、

経験者ですが、熱がでるかどうかは、個人差だと思うので、出るかもしれないし、
出ないかもしれない。としか言えませんが、私は25才で罹ったときには熱は出ませんでした。

手のひら、膝、足の裏、口の中に湿疹が出来て、はじめは赤い湿疹でしたが、
日が経つにつれ、中が白っぽく、非常に痛い湿疹となりました。

足の裏にできると歩くときに非常に痛くて、歩けなかった経験を持ってます。
娘がかかっていた小児科で見てもらいました。大人だからほっておいて大丈夫。

と言われ、放置で完治いたしました。

脅す訳ではありませんが、口にできると、しみます。
手のひらはまだ我慢でします。が、足は、本当に歩くたびに痛いです。
親子で、家中這って歩いてました。

お大事になさってください。

追伸、私は1度かかってから、子どもを2人産み、2人も手足口病に罹りましたが、
私は罹ってません。

 

との回答がありました。

とても為になる口コミでしたので、参考にして頂ければと思います。

発疹が痛むとのことで、大人もそうですが、特に小さいお子さんは、何故自分の手や足や口の中が痛いのかを知ることすらできません。

大人は、「あぁーだから痛いんだ」と理解できますけどね。

小さなお子さんは、動けば痛む、何かを口にすればヒリヒリ口の中が痛い症状に、ストレスを感じていると思います。症状が収まるまでの数日間は、いつもよりも、お子様に優しく接してあげるようにしてくださいね。

スポンサードリンク