ジミー大西 絵 値段はいかほど!?- 銀座三越作品展『挑戦と革新』

元お笑いタレントのジミー大西さん(48)が、4年ぶりに作品展を開きます。
場所は東京・銀座三越で作品展のタイトルが『挑戦と革新』ということだ。

image

今回は、初公開の絵本の原画や水彩画など130点を展示するという。
ジミー大西さんは、アメリカ合衆国ロサンゼルスに本店を持つ「kitson(キットソン)」とのコラボレーション経験もあり、素敵なデザインのバッグやポーチも手がけている。

 

ジミー大西さんの作品の数々

 

image

 

image

 

image

image

image

image

 

image

 

などなど、その他作品については、こちらからご覧になることが可能です。
ジミー大西作品ページ (新しくページが開きます。

 

絵などの芸術作品については、見方により様々に意見が別れますが、個人的にジミー大西さんの作品は彩りがあり、暖かい感じがするので好きです。

専門家の方からすると、描写がどうだとか、素描力がどうだとか、専門的な分析があるようですが、根本的には受け取る方の印象が何より大切かと私は思っています。

 

芸術品として価値があるのか?

それとも商品として価値があるのか?

 

この2つでも大きく違ってくると思いますし、値段というのは欲しい人が、その作品に対してこれだけの値段を支払ってもよいと思えば、その価値があるということになると思います。

どこぞの評論家が、ジミー大西さんの絵はダメだといったところで、これだけ世界的にファンの多いジミーさんの作品には、芸術家のウンチクだけでは語れない、人を引き付ける何かがあるのだろうと思います。

東京・銀座三越のジミー大西作品展『挑戦と革新』!とっても楽しみですね♪

スポンサードリンク