藤本涼介 六本木 フラワーにて襲撃される!- 藤本亮介 関東連合との関わり

渋谷の「ガールズ焼き肉屋雌牛」経営者である藤本亮介さん(31)が、六本木のクラブ『フラワー』にて目出し帽をかぶった男ら約10人に襲撃され死亡しました。

藤本涼介さんが襲撃された事件については、ネット上でも多くの情報が流されており、関東連合との関係等も暴露されています。

今回の事件には不思議な箇所が多数存在しています。

 

藤本涼介さん襲撃事件の不思議

 

襲撃された藤本涼介さんは、事件のあった六本木のクラブ『フラワー』に午前1時頃来店し、ボックス席でソファーに座り、友人の男女5人とお酒を飲んでいた様子。

犯人グループは、一直線に藤本涼介さんのボックス席へ向かい、数分間の間、手にした金属製の棒で藤本さんを無言で殴り続けたそうです。

この際に一緒にお酒を飲んでいた友人も殴られ軽傷を負ったとのことです。

 

事件時、六本木クラブフラワーには200名のお客さんがいました。

音楽も大きな音で鳴らされており、犯人グループが犯行を行うにしても、ピンポイントで藤本涼介さんのボックス席に向かうことは困難だったはず。

犯人たちは何故藤本涼介さんのボックス席へ直行できたのか?

 

また、通常クラブというのは年齢確認や持ち物検査を厳重に行っています。

未成年の飲酒やその他非合法なモノの持ち込みなどが判明した場合、営業許可がなくなってしまうためです。

そんな中、金属製の棒を持ち込んだ犯人たちは、どのようにして持ち物検査と年齢確認をパスできたのでしょうか?

 

謎は深まるばかりですが、ネットの情報では、侵入経路は非常階段であるとの内容がありました。通常の六本木フラワーの入り口は2階にあるのですが、犯人たちは1階の非常階段から侵入し、二階のフラワーへ入り込んだらしいです。

犯人として噂に上がっているのは、『半グレ集団』というグループで、この半グレ集団は、繁華街で荒っぽい事件を度々起こしていることで有名になっています。

元横綱朝青龍の事件、市川海老蔵さんの暴力事件なども、この半グレ集団が関与しているとの疑いもあります。

市川海老蔵さんの事件の時に噂になったのが、関東連合の存在です。

黒く闇に染まる日本首都東京の裏側では、私達が思う以上に怖い繋がりがあるのかもしれませんね。

スポンサードリンク