市川染五郎 転落!有名歌舞伎俳優が奈落に転落

人気歌舞伎俳優市川染五郎さん(39)が2012年8月27日の夜、舞台後方のセリから奈落に転落した。場所は、東京千代田区隼超の国立劇場で、日本舞踊の公演中だった。

image

転落時の観客のリアクションについては、公演前のお知らせにより演出と受け止める観客の方が多かったとも言う。

 

「今回の公演では『新しいことをする」

市川染五郎さんは、公演前の会見でこのようにファンの方々に伝えていた。

舞台後方のセリから、「フッ」と姿が消えた時、多くの観客の方々は、会見で述べていた新しいことの始まりだと感じたようです。

さぁ何が起こるのだろう!?

観客の期待が高まるなか、劇場はざわめきが目立ち始める。

そして照明が明るく点灯され、まさかの場内放送が流れたのだ。

 

現在も怪我の容態は明らかとなっていないが、転落時に右側頭部を強く打った様子。
幸い意識はあるものの、痛々しい姿で救急搬送されることになった。

 

この日演じたのは自身の半生を踊りにした創作舞踊「あーちゃん」。

染五郎の5歳の長女が舞台デビューを飾った日だった。

 

染五郎は転落直前に、娘の手を取り踊り、親子初共演に観客席からも温かい拍手を頂いた後の悲劇。長女が歌を披露する予定だったが、めでたく幕を閉じるはずの舞台は、暗転してしまった。

染五郎が転落した原因については、セリの見落とし、急な体調の変化、演出の手違い、などと色々な理由が考えられるが、原因についてはまだ明らかとされていない。

28日には、妹であり女優である松たか子さんとの共演も予定されていた。

いったい、市川染五郎さんに何が起きたのだろうか?

スポンサードリンク