フンボルトペンギン ひな(マルコ) 脱走事件!なんと10日で3回も!!

フンボルトペンギンのヒナが、10日間で3回も脱走を繰り返している様子。
フンボルトペンギンのヒナが飼育されているのは、長野県の須坂市動物園です。

image

脱走を繰り返すのは、マルコというフンボルトペンギンのヒナで、
体長は約50センチほどだそうです。

何よりも、このマルコの逃走劇がおもしろい!

 

フンボルトペンギンのヒナ、マルコの逃亡1回目

マルコが最初に脱走したのは、2012年8月12日。

他の1羽のフンボルトペンギンと一緒に、飼育者の滑り台からジャンプ!
着地点の通路から外へ出て、200メートル先の正面ゲートをすり抜けて、

近くの公園の大きな池で、楽しく遊泳♪

長野県の須坂市動物園の対応策:滑り台の入り口を塞ぐ

フンボルトペンギンのヒナ、マルコの逃亡2回目

マルコの二回目の脱走は、2012年8月14日。

今度は柵の下の8cmの隙間から脱走したようだ!
体長50cmのマルコが8cmの隙間から逃亡!?

長野県の須坂市動物園の対応策:柵の下の隙間を塞ぐ

フンボルトペンギンのヒナ、マルコの逃亡3回目

マルコの逃亡3回目は、2012年8月21日。

今度は何と!高さ50cmの柵を飛び越えての脱走!!
自分の身長と同じほどの高さの柵を飛び越えたのだ。

もしかすると、柵のしたの8cmの隙間ではなく、2回目の脱走も
飛び越えての脱走だったのかもしれない。

長野県の須坂市動物園の対応策:
コンクリート壁(高さ1メートル)&ネットで囲んだ屋内のカピパラ舎に移動させる。

 

須坂市動物園、丸田園長のコメント

「大きな池で泳ぐことに味を占めたか」

 

このコメントを聞くと、どうやら3回とも
200メートル以上離れた近くの公園の大きな池で遊んでいたらしいですね・・・。

image

3回目時の捕獲画像↑

フンボルトペンギンのマルコ!恐るべし!!

スポンサードリンク